集団授業のメリット

一緒に学ぶ生徒の数が多く、緊張感をもって学ぶことができる

集団授業のメリットは、一緒に学ぶ生徒の数が多いので、ライバルと切磋琢磨しながら学ぶことができる点です。先生と生徒が1対1の個別指導塾の場合、他の生徒がどのようなレベルなのかを知ることが難しいので、自分がどれくらいの立ち位置にいるかを知ることができません。しかし7名~20名程度が一緒に学ぶ集団授業であれば、レベル別にクラス分けがされていることが多く、自分がどのくらいのレベルなのかを知ることができます。他にも集団授業は、先生一人に対して多数の生徒が学ぶという形になっているので、先生との距離が適度に離れています。それによって先生と生徒が緊張感を保てるようになり、集中して授業を進めることができるというメリットがあります。

先生の質が高く、カリキュラムがしっかりしている

集団授業の塾で教えている先生は、教科ごとに分かれて教えているので、質の高い授業を受けることができます。例えば国語を教えている先生は集団塾の場合、国語だけを教えているので、国語を教えるスキルを高めることができるからです。また集団塾の方が個別指導塾よりも教え方が上手なプロの講師が集まりやすいといえます。なぜ集団塾の方が良い講師が集まりやすいかというと、個別指導塾よりも収入が高いからです。したがって質の高い授業を受けたいのであれば、集団塾に通うのが最適です。また授業のカリキュラムも集団塾の方がしっかりとしています。集団塾は、高校受験コースや期末対策コースなど目的に応じてコースが設定されているので、その目的に応じてカリキュラムがしっかり組まれているという特徴があります。